読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わざマシン15

破壊光線の様に書き殴り、私が満足する為だけのブログ

お前のそれは友情じゃなくて依存

 

私は君に対して別に

特別な感情を抱いているわけじゃないから

凹んでいたり、弱っている時は

甘く優しい言葉で慰めるよ。

 

君は非常にわかりやすい思考回路で

小さな私の掌には丁度いいサイズの器だもん。

飽きたら割っちゃうけどね。

 

優しい言葉で慰めながら、

二度と立ち直れなくなるようなえげつない言葉

心をガタガタのスプーンで抉るような一言

思い浮かぶけど、ぶっちゃけそっちの方が

本音だったりするもん。

 

 

 

友達だったからって、恋人だったからって

何があっても無条件で貴様の味方をすると思うなよ。

お前が私に抱いている感情は友情でも愛情でもない。

ただの依存だからな。

 

自分が相手にどう思われているかを

執拗に確認し出したら、気が狂い始めてる証拠だよ。

 

「私こんなんだけど貴女は私の味方よね!」

「俺クズだけどお前だけは俺を信じてくれてるよな!」

なんて言ってる方は気持ちが良いかもしれないけど

言われてる方からしたら鳥肌もんよ?

 

 

 

『味方』だとか『信頼』だとかさ

そういうのは相手側から、相手側の意思で

生まれるものであって、

「味方だよね!??ねっ!!?!?」

「信じてくれるよな!?俺達の仲だもんな!?!?」

って押し付けるものじゃないだろ。

 

依存される側は苦労が絶えませんなぁ。

今日はそんなお話。