読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わざマシン15

破壊光線の様に書き殴り、私が満足する為だけのブログ

目の前に大怪我をしている人がいる。

 

貴方は包帯もキズ薬も持ってないし、

応急処置のやり方も心得ていない。

そんな時むやみに人の傷口に触れる?

触れないよね?

悪化しても責任は取れないし、

なにより「触っちゃダメだ」って思うから。

ならどうして

何も知らないし何もできない癖

むやみやたらに人の傷口に触れるの?

 

よく知りもしないし、何もできない癖に

「いつでもいいから絶対に俺を頼れよ」

「悩みがあるなら私に言って」

「俺にはなんでも本音で話して」

なんて言われても困るだけだよ。

それこそ

「うん、ありがとね」って

笑顔を作ることはできるけど

気持ちは冷えて凍り付くだけでしょ。

 

そういう事がわからない、理解できない人に

もし仮に本音で打ち明けたとしても

全然理解されないことに失望して

打ち明けたことを後悔するだけだもん。

 

お前は私の抱えてる問題のほんの一部でも

物理的に解決できる力を持ってるの?

 

 

 

 

 

 

そりゃあもちろん、怪我の具合にもよると思うよ?

恋人友人と喧嘩した、だとか

職場で問題を起こしてしまった

知人に酷い事をされた

上司にセクハラをされた

1人じゃ解決できない悩みを抱えてる

好きな人ができた、失恋した、みたいな

そのくらいの傷なのであれば

“絆創膏”を渡すのはとっても良い事だと思うし

渡された方も素直に嬉しいと思う。

私が言いたいのはそういう事に対してじゃないんだ。

 

・・・語彙力が来い・・・。

 

 

 

 

 

例えばね、

高校に入学してすぐに

父親が借金を残して自殺した挙句

母親と姉が精神病を患い、

姉の方は隔離病棟行き。

パートをしながら病気と戦う母と

入退院を繰り返す姉の為に

働きながら自力で通信制の高校に通っている

17歳の子に向かって

物理的には何もできない、なんの力もない奴

綺麗事並べて言葉にしてみても

「じゃあ、お前が助けてくれんのかよ」

そこまで言うなら代わってくれよ

って思うと思うんだよ。

 

幼い頃から両親が宗教狂いで

家の中には意味のわからないグッツに

値段も出処もわからない飲食物。

自分の部屋にお金を置いておけば無くなり、

働かずに甘い汁をすすってる兄に対しては

バカみたいに甘い癖に、

自分に対しては非常に冷たい親。

家業を手伝いつつアルバイトをして貯金しても

なにかと両親に吸い取られる。

そんな20代前半の子に

「実家暮らしでわからないだろうけど普通はこうなんだよ」

「貯金ができないならこうするといいよ」

「助けてやるから何かあれば言って!」

なんて言葉をかけても

お前に何がわかるんだ。お前に何ができるんだ。

って感情が湧き出てくると思うんだよ。

 

 

 

 

 

 

別に善意を拒絶してるわけでも

馬鹿にしているわけでもないんだけど、

「もうちょっと考えてから発言できないのかな?」

って思う人がたくさんいるんだ。

自己評価ではSクラスの頑張りをしているのに

「そっか頑張れよ、なんかあれば助けるから」

なんて言われても

うるせぇよ!!こっちは必死に頑張ってんだよ!

お前如きが助けられるレベルの問題じゃねーんだよ!

って思ってしまうと思うんだよね。

 

『なにか私にできる事ってある?』

『俺に手伝える事があるなら言ってくれよ。』

ってさ、

自分の力量をちゃんと把握して

“何もできないかもしれないけど

それでもどうにか相手の力になりたくて”

 って気持ちはとっても有難いし嬉しいんだけど

自分の力量も計れず

「マジか!助ける!なんでも言え!」

「悩み?なんでも言って!頼って!!」

って優しさをくれる人には正直すごく気を使うと思うんだ。

 

ちなみに

総資産○百億!とか

大企業の社長の御子息!とかで

経済的に解決できる力を持っていたり、

同じ悩みを抱えて乗り越えた!とか

世の中の酸いも甘いも経験してきた!とかで

実体験を絡め解決できる力を持っている人は

もちろん除外ね。

だってなんとかしてくれる力を持ってるんだもん。 

 

 

 

 

 

 

傷付いている人の心を、

善意を織り交ぜながら無理矢理こじ開けようとしても

絶対に開いてはくれないよ。

“助けてやれる力”がないなら傷には触れるな。

それでもなんとかしてやりたいと思うのなら

せめて無責任な言葉は投げるな。

こちらから手を差し伸べたうえで、

向こうからのレスポンスを待て。

 

助けて欲しい、聞いて欲しい。話がしたい。

そう思っている奴から差し伸べられた手なら

誰だって握るでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

長くてごめんなさい。

昔からの大親友にこういう内容の相談をされたのでつい。