読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わざマシン15

破壊光線の様に書き殴り、私が満足する為だけのブログ

大好きな人とお別れをした君。

 

 

一緒にいても幸せにしてあげられないのなら

一緒にいても苦しそうに笑顔を作る君しか見れないのなら

一緒にいることが相手の負担になっているかもしれないのなら

自分の我慢で相手が笑ってくれるのなら

「バイバイ」「友達に戻ろう」って

強がって下手くそに笑ってお別れをして

部屋で一人になってから

後悔、反省、孤独感、切なさ、不安、自己嫌悪

色んな感情に胸を押し潰されながら

呼吸ができなくなるくらい

涙を流す方を選ぶ君。

 

 

 

私なんかが声をかけたところで

「ありがとwwもう大丈夫だから!w」って

笑って見せてくれるでしょう。

それが本心なのか虚勢なのかを見極める術が私にはないので

もし自分がこの人の立場だったら・・・と考えて

勝手に悲しくなってしまいます。

 

「どこが好きだったの?」という問いに対し

「見た目も中身も含めて本当に全部が好き。」

「プライド高いし面倒だけど、それも含めて好き。」

と、すぐに答えた友人は

本当に『心を奪われて』いたのだなと思うのです。

恋人の好きなところはと聞かれて

好きだという理由を全て具体的に言語化できたのなら

それはもう“その人が好き”なのではなく

ただの“好きになる条件と偶然一致した奴”ですから。

 

難しい言い回しをしてしまったのですが

『好きになった人がタイプ』って考え方の肯定派とでも

思ってください。

『嫌なところもあるけど、それも含めて全部が好き』

なんて、本当に相手の事を想っていないと

言えない台詞だもん。

 

だから心配になるんです。

それ程想っている相手との関係が切れたら

私はきっと恋愛が怖くなってしまいます。

上辺ばかり取り繕って

本気で人とぶつかり合う事も

腹を割って話す事も

あまりしてこなかった私は

こんなときどんな言葉をかければ良いのか

わからないのです。

 

 

自分の事じゃないのに

自分に置き換えて考えてしまって

勝手に気分を沈めてしまう私の戯言でした。