わざマシン15

破壊光線の様に書き殴り、私が満足する為だけのブログ

認知度の割に登録者数が少なすぎるYouTuber

 

 

やぁ。

13歳で九九が出来ないと最近話題になった子居るじゃん?

私はアンチでもなければ、当然ファンでもないよ。

彼のチャンネル登録もしてないし、

その他SNSなんて見ようとも思わないし、

動画も2~3本サラーーーっと流し見した程度の

どうでも良いんじゃない?』派の人間。

ファンやアンチさんはもちろんだけど、

あとは時事系のYouTuberさんとかしか

今の彼に興味のある人って居ないんじゃないかな?

 

 

 

 

クラファンで日本一周グルメ旅行

 

クラウドファンディングで480万円以上を集めて、

日本各地を回りながらお寿司などの贅沢な食事を

奢ってもらったり、クラファン資金から捻出している彼。

少し調べれば、記事は腐るほど出てくるけど、

人の金で観光しながら美味しい物食べて日本一周なんて

なんて羨ましいのかしら。

一応、

今回の企画の趣旨は、

不登校の子供や、その親御さん達に直接会い、
その他色んな人達と会って学びながら、
『日本中に元気と勇気を届けたい!』


って感じだったのだけれど、そんなの関係無いよね!

まだ13歳だもん。

キチンとした教育を受けられなかった子供が、

楽しくて楽チンな方に誘惑されちゃうのは、仕方ないよ。

ウンウン。わかってるよ。

証拠は何一つ出せないけど
ちゃんと不登校の子にも会ってるし、
ウィキ情報レベルだけど

実際にスタディしてるんだよね。

ウンウン。大丈夫だよ。ちゃんとわかってるよ。

ペイペイ乞食とか、障がい者用の駐車場に停めるとか

色々とツッコミ所はあるけど、

日本中に元気と勇気を届けてるんだよねウンウン。

 

 

 

炎上について不思議な主張をする中学生

 

謝罪動画のようなサムネで、

【日本一周中止と返金について】

という動画がアップされてるのは知ってる?

まぁ、支援者の大人に直電して聞き出すとかいう、

釣り動画だったんだけどさ。

彼的には、

「支援者の人達は俺のことを応援してくれてる!
 批判したり、ごちゃごちゃ騒いでるのは
 支援者でも何でもなく
ただ無関係の奴!!」

「中止しろ、返金しろとメールしてきた支援者は
 147人のうち0です!!」

「クラファン支援もしてない無関係のアンチが
 勝手にごちゃごちゃ騒いで嫉妬してるだけ!!」

だそうだよ。

つまりアレよね。

金くれるカモ以外は
俺様に文句言うな

ってことよね。

支援をしてくれない圧倒的大多数の奴らは、

ロボットのようにウンウンと
俺のなす事を受け入れろ!
支援してくれないなら俺を批判するな!
否定するな!馬鹿にするな!

って感じ?

あれ?

なんかロボットって、どっかで聞いたことあるね(笑)

 

まぁ彼がしているのは慈善活動でも革命でもない

ただのビジネスだから、わからんでもないよ。

出資者に不満が無いんだから続ける

ってのは正論だと思う。

YouTuberとしては致命的

だけどね。

彼の【不登校児】というキャラは、消費期限が近いし

何より人気商売なのだから、

もっと上手く利用して操縦すべきだったと思う。

釣りタイトルで足掻くよりも、

御本人が仰るように、ちゃんと小川社長に会って、

言い負かすくらいのことができたら、

延命できたろうにね。

 

 

 

13歳「“九九が出来ない”はエンタメ」

 

レペゼン×令和の虎という企画動画に、

非常に台本臭い感じで登場した彼は、

ハーバード大学に行くために1000万ください」

と言いつつ、九九が出来ないと明かし

実際に、苦戦しながらも9×5までクリア。

その後は何故か9×9にジャンプするという、

特異的かつ超宇宙的
最高に奇々怪々ジョーク

を披露してくれたんよ。

んで、

ハーバード大学で寿司を食べたい」
「革命ってなんですか?」

などのジャブも決まり、200円を手に入れ、

コメントの皆さんとの温度差など意に介さず

満足そうな笑顔を見せるという

革命的なオチだったんだけど、

これをさ?

アンチの皆さんや時事系YouTuberの方々が

大炎上させちゃって・・・(笑)

あぁ、ゆたぼん・・・なんて可哀想なの・・・(´;ω;`)

 

ボロカスに叩かれたからか、

偉大なる自称革命家の御本人が

『九九ができひんとか本気にしてる奴マジで笑えるねんけど
 エンタメもわからんとか終わってるやんw』

とツイートしてしまったせいで、

更に火にガソリンでさ。

 

いや、わかるよ?

アンチや時事系さん達の仰ることは、

一般論で、常識で、正しいと思う。

だっておもんないもん。

大多数の一般的で常識的な視聴者達が、

『エンタメ』として受け入れるには、

あまりにも高度で洗練され過ぎている超次元的なジョーク

だったから、

極々一部の奇特なファンや、

彼にビジネス的な価値を見出している大人にしか

擁護してもらえなかったわけでしょ?

結果論だけど、それが事実じゃん。

おバカキャラで売ってる大人が言う

「九九が出来ない」と、

義務教育を放棄している中学生が言う

「九九が出来ない」じゃ、

周りの反応が違って当然でしょ。

 

いやコレね?

最強におもんないこと以外にも

結構重大な問題があってさ。

現在は操縦士をしているパパぼんは、

『我が家はホームスクーリング』
『ゆたぼんは高校で習う勉強を先取りしてる』
『30分で積分をマスターした』
『東大の問題も解く』

と豪語してたわけよ。にも関わらず、

本来であれば小2で出てくる九九が出来ないという

まさかの革命的エンタメ発言

これが、かなりマズいんじゃないかなって。

当然御本人様が仰る通り、エンタメなのだから

全部真に受けるのは違うけど、

過去の発言との差異は、発信者がなんとかしないとアカンよ。

「我が子は、実際はとても聡明な子供ですが、
 バラエティ的なノリで嘘を付いてしまったそうです」

もしくは、

「台本に決まってるやんww本気にせんでやwww」
「実は全然勉強してへんねんww九九もガチやでww」

みたいな感じで、視聴者側ではなく、

自分たちの言動に対して発言すべきだったと思う。

 

 

 

 

 

私が彼の親なら

 

長い目で見るなら、今回のビジネスは失敗だと思うかな。

今現在は出資者の機嫌さえ損なわねければ問題無いけど

未来のことを考えたら、完全に悪手でしょ。

 

私が企画主なら、

まずはクラファン支援金の使い道を全て明確にする。

細かく表にして、公開する。

あんなもんPCあれば秒で作れるし。

次に、表向きには『思い出』本音は『保険』として、

実際に会った不登校児との記録を残す。

写真や動画は出せない可能性の方が高いなんてことは

考えなくてもわかるから、

ノートでも買って、演者の子供に

「短くても良いから今日の感想教えて」
「会った子達みんなから一言もらってんねん」

とか頼ませたり、

デカい色紙に『人生は冒険だ!』と会った子全員に

寄せ書きみたいな感じで書いてもらったり、

不登校児個人を特定されない方法なんて

いくらでもあるからね。

あとは、ウィキ禁止で感想を書かせるかな。

演者の子供本人の力で、見た物感じた事を文章にさせる。

んー、他にはガチの慈善活動とかもあると良いよね。

せっかく日本一周するんだもん。

児童養護施設とかの掃除なら13歳の子供にもできるし、

ボランティアは好感度も上がる。

欲を言えば、名物のレシピ公開とかもさせたいかな。

子供に作れとは言わんよ。

名物料理を食べるだけじゃなくて、

調べたり聞き込みしたりして、

こんな材料を使ってる、こんな風に作ってる、

こうすれば簡単に再現できる、みたいなのを紹介すれば、

『グルメ旅行』なんて言われんでしょ。

 

私が演者の子供の親なら、

・クラファン支援金の使い道を全て明確にする
・実際に会った不登校児との記録を残す
・ウィキ禁止で感想を書かせる
・ガチの慈善活動
・名物のレシピ公開

この5つはするし、させたい。

仮に子供が現在、根拠の無い全能感に支配されていても

親は『今』だけじゃなくて

『今後』も見ないといけないと思うから。

いつ切れるかわからない利害関係者や、

いつ飽きられるかわからないファンのご機嫌取りより、

自分の子供の『未来』に敵を作り過ぎないことの方が、

重要だと思う。

 

 

 

 

 

最後に

 

もし、今回の企画が、

支援金の使い道を全て細かく公開された上で、

不登校児と会っている証拠もあり、

実際に見ないとわからない感想や、

現地の人の声などの有益な情報に溢れ、

各地で汗水垂らしてボランティアをする。

というモノだったら、

私はこの13歳の不登校児を応援できたと思う。

 

記事にしようと思ったから色々と調べて考えたけど、

公開後は『どうでも良いんじゃない?』に戻ると思うよ。

だってつまらないもん。

20代女性なんてターゲット層ですらないだろうけど、

それにしたって、イキってるだけの不登校の中防が

目に見える成果が無いグルメ旅行を

至る所に放火しながら続けてるだけでしょ?

わざわざ検索して見に行くなんてせんわ。

動向が気になったら、彼本人を見るより、

『ちゃんと見て物申している』時事系chで確認するし。

 

まぁ、今回の敗因は、

シンプルにザル操縦じゃね?知らんけど。

今日はここまで。はい解散。