読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わざマシン15

破壊光線の様に書き殴り、私が満足する為だけのブログ

優しい人

 

本当にさ、

こっちが心配になるくらい優しい人っているよね。

もしかしたらとても頭の良い人で

騙されているだけなのかもしれないけど、

それでも騙してくれている間はずっと

“優しい人”でいてくれる。

自分なんか二の次で、心から他人の心配ができる人。

そういう人の傍にいると

なんだかとっても、あったかい気持ちになる。

 

私は前に記事にした通り ↓

まったくもって優しくなんかないし

むしろ最低な部類に入る人種だと思ってるんだけど

本当に優しい人には種類があってさ、

「自分が人からそういう風に優しくしてもらった」

から優しい人と

「自分が人からそういう風に優しくしてもらいたかった」

から優しい人がいると思うわけ。

 

一概に“優しさ”なんて言っても、やっぱ違うよね。

前者の優しさは、とても自然で温かいけど

後者の優しさは、どうしてもどこか痛々しくて

心苦しくて、悲しくなる。

 

私はまだまだガキだし、上辺だけ取り繕って

本気で人と接してくる機会があまりなかったから

なんと言いますか、

素直に感情表現をするのが非常に苦手で

自分のしたい事とか、気持ちとかを

相手に伝えるのが下手なんだけど、

“優しい人”は

私とは違う意味で本心を隠すのが上手だよね。

 

もし仮に、

老若男女問わず大切な人にお別れを告られたら

ガキで意地っ張りな私

すごく寂しいけど、

“人の気持ちは思い通りになんてできないから”

なんてそれっぽい理由を付けて

自分から遠ざかってくその人の背中を

強がって全然気にしてないふりをしながら

ぼんやり見送ることしかできないんだよ。

「所詮他人なんだしどうでもいいや」

なんて興味なさそうな顔をしてさ、

本当はその人の事が気になってしかたない癖に

バカみたいに強がって勝手に苦しくなってるんすよ。

 

でも優しい人はさ

お別れを告げられた理由とか、

そうなるに至った経緯とか、今後の対応とか

相手の気持ちとか、そういうのを色々考えた上で

更に相手のことを思って行動してくれるじゃん。

ちょっとポエミーな表現を使うと

自分の心を守ることをせずに相手の事を思うじゃん。

そんで結果的に自分が傷付いても

誰にも言わずにただただ耐えてさ。

 

本当にすごいよね。

 

私は読心術なんて使えないから

その優しい人の気持ちなんて分かりようがないけどさ

そんなん絶対キツいじゃん。

本当は絶対に傷が痛いはずじゃん。

みっともなく泣き喚きたいはずじゃん。

人間なんて自分が1番可愛いはずじゃん。

 

そう思っちゃうから勝手に心配になって

声をかけるんだけど、

“優しい人”は決まって「ありがと。もう平気だよ!」って

笑って見せてくれるんだよ。

それがすげぇ悲しいの。

「あー、優しい人なんだな。」って

何故かこっちが辛くなっちゃうのよ。

すんげぇ寂しいの。

 

 

 

クソみたいな世の中だけど

そういう“優しい人”もいるんだよ。

今日のはそういうお話。